HOME > 当院について

当院について 施設 患者様の権利 理念 沿革

みんなで、いっしょに…ユニティをめざします。
 当院は、1997年に細木病院精神神経科より独立し、細木ユニティ病院という名前になりました。辞書で調べますと、ユニティ(unity)とは、協調、統一などという意味です。病院スタッフが、協調し一丸となって、患者さんの治療に取り組んでおります。

 ユニティ病院では、チーム医療を行っており、医師、看護師、薬剤師、介護福祉士、ヘルパー、精神保健福祉士、管理栄養士、調理師、心理士、臨床検査技師、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、音楽療法士、院外講師、事務職、・・・と多くの職種が、患者さんに関わっております。

 チーム医療とは、医療に従事する多種・多様な医療スタッフが、各々の高い専門性を持ちながらお互いに連携することで、患者さんの状況に対応した医療を提供していくことです。当院には、他の精神科病院には珍しい職種のスタッフも居て、それぞれの分野から治療に取り組んでおります。

 ユニティ病院は、チーム医療で入院期間の短縮を図ることで、患者さんの早期の社会復帰を目指しております。
また、当院では、

◆音楽療法コンサートの市民への公開
◆デイケアや作業療法で市民講師が指導
◆いろいろな方面からの実習生の受け入れ
◆急性期開放病棟に10床の個室があり、うつ病などの休息入院が可能
◆近隣の保育園の園児との交流

等、他院とは違う活動も幅広く行っております。
精神科病院としては、今後も、うつ病患者や認知症の増加が予測され、また、発達障害への対応など、精神科医のニーズが拡大し、多様化すると考えられます。
当院でも、今後の精神科に於けるニーズを考え、職員一同で前進していくつもりです。
 
院長

スペース

■精神病院とはどんなところ?
例えば、病棟案内の項には各病棟における療養生活が具体的に分かるよう、実際に入院患者さんに渡す「入院案内」を掲載していますのでご覧下さい。

沿革

昭和40年(1965)
細木病院に精神科新設
平成  9年(1997)
医療法人仁生会 細木ユニティ病院開院
平成13年(2001)
細木ユニティ病院 新館完成
平成14年(2002)
グループホーム「介援隊」開設
平成15年(2003)
グループホーム「やまもも寮」開設
平成16年(2004)
グループホーム「介援隊2」開設
平成19年(2007)
重度認知症患者デイケア開始
平成21年(2009)
NST稼動施設認定
平成27年(2015)
仁生会が社会医療法人となる

スペース

理念

当院では    
   
1.人権を尊重した医療および快適な療養環境を提供すること
2.症状とともに、環境(生活、家族、職場もしくは学校)を総合的に把握・理解すること
3.それに基づき適切かつ迅速なチーム医療を行うこと
4.社会に開かれた精神病院をつくり、地域および関係諸機関との連携を密にして社会復帰を促進すること
5.医療過誤を起こさないことにつとめています。ご協力をお願いします

スペース

患者様の権利

1.人格を尊重し、思いやりのある丁寧な医療を受ける権利
2.病気や診療に関する情報を、分かりやすく説明を受ける権利
3.自らの意志に基づいて診療方法を選択し、同意、又は拒否する権利
  (但し、精神保健福祉法による入院の場合は、保護者の同意が必要になります)
4.プライバシーの保護と、記録などの秘密が第三者に開示されない権利
5.当院の持つ機能の範囲内で、納得のゆく診療を受ける権利

スペース

概要

指定

◆健康保険医療機関
◆生活保護法指定医療機関
◆労災保険指定医療機関
◆応急入院指定病院
◆医療観察法通院医療機関
◆精神通院医療指定医療機関

 

 

スペース

病棟・病床

病棟
病棟名
病床数
US1病棟
精神病棟
55床 (休床)
US2病棟
医療療養病棟
36床
US5病棟
精神病棟
57床
UN3病棟
精神科急性期治療病棟
40床
UNG病棟
精神病棟
55床

スペース

付属施設

グループホーム 介援隊   
高知市西町
グループホーム やまもも寮
高知市中久万
グループホーム 介援隊2
高知市宮前町
▲ ページのトップへ