HOME > 栄養管理の活動

栄養管理の活動

栄養管理室とは

栄養管理室は、S館1階にあります。

通所リハビリなどの精神科デイケア・ショートケアと、重度認知症患者デイケアを含め、月平均18,000食の食事を提供しています。
スタッフは、管理栄養士2名、調理師・調理員10名、調理員パート1名、合計13名の直営で運営しています。
院内のイベント(文化祭・納涼祭)には、患者さんや他部署のスタッフの方々との交流を楽しみに積極的に参加しています。

栄養管理~NST~

平成17年6月よりNST(栄養サポートチーム)をはじめ、職員全員、他職種のメンバーより構成され、入院患者全員を対象にチームとして協力し栄養状態に問題のある患者に対して質の高い栄養療法を提案・提供を目標に活動しています。栄養管理室もNST活動に積極的に参画し、日々取り組んでいます。

スペース

食事について

食事は、一般療養食、特別治療食に分かれていますが、その中の約5割の方に特別治療食を提供しています。朝食は、毎日和食または洋食から選ぶことができます。行事食は年間80件実施し、食事を安心して楽しんでいただけるよう努めています。
過去の献立

行事食

平成21年度は83件、平成22年度は92件実施しました。一部ですが紹介します。
平成24年度行事食 / 平成23年度行事食 / 平成22年度行事食 / 平成21年度行事食

嗜好調査

嗜好調査を年1回実施し、病院食に反映するよう心がけをしています。
今回は、嗜好調査の結果を提示します。
平成23年度  /  平成22年度  /  平成21年度

▲ ページのトップへ